大台ケ原の思い出をより素晴らしいものにする必見5スポット!道の駅や秘湯を紹介!

山鳩湯

ここまで、大台ケ原の絶景やアクセス・混雑情報について紹介してきましたが、最後に紹介するのは、ハイキング前後に立ち寄ることのできる周辺施設、とりわけハイキングの前や後に立ち寄ることのできる道の駅や温泉施設です。

大台ケ原の周辺には県道40号線(大台ケ原ドライブウェイ)内からアクセスできる場所に一か所、その他は国道169号線に出て吉野方面(北向き)か下北山方面(南向き)に走るかで、それぞれ見えてくる施設が異なります。

いずれの方面にも道の駅・温泉ともに存在しますので、行き道や帰り道の途中で立ち寄ることもできます。

それでは順番に紹介していきましょう!

tripPC

吉野方面(奈良市内・大阪方面)

大台ケ原につながる県道入口から見て北行き(左折方向)は、京阪神や西日本各地からお越しの方が往復されることと思います。

道中では川上村を通りますが、そんな川上村でのスポットを紹介していきます。

道の駅 杉の湯川上

「道の駅 杉の湯川上」の画像検索結果

まずは道の駅ですが、こちらの道の駅では杉の湯という名前がついている通り、温泉や宿泊施設、レストランが収まったホテル杉の湯が併設されているというスポットになります。

また、ゆうちょ銀行や村役場もあるため、平日や土曜午前中であればお金を下ろしたり、村役場で詳しい観光案内などを聞くこともできるでしょう。

まず道の駅ですが、こちらでは土産屋や軽食堂があり、休憩施設としてはもってこいの場所です。

土産屋では、名産の葛餅や吉野で作られた質の良い割り箸など、地元で作られたここでしか買えないものを購入できます。

軽食堂では、500円前後できつねうどんや名産の柿の葉寿司などを外のテラス席で食すことができます。

私のおすすめは、温かいきつねうどんと柿の葉寿司のセットです。ハイキング後の腹満たしにはちょうどいいですよ!

また、休暇やシーズン中には露店が出され、味噌こんにゃくや柿の葉寿司、鮎の塩焼きなどで舌鼓を打てますのでおすすめです。

こちらは年中無休で朝9時からの営業開始なので、行きは自販機などで飲み物を買っての休憩として、帰りは休憩も兼ねての腹満たしに利用することをおすすめします。

また、隣にあるホテル杉の湯内「レストラン山吹」でも、1000円代で地元の食材を使った定食やランチを味わうことができるので、そちらを利用するのもいいでしょう。

檜づくりの露天風呂「銀嶺の湯」

また、ホテル内の温泉は700円で日帰り入浴もできます。

この杉の湯は、湯盛温泉という単純温泉を利用しており、冷え性や神経痛などに効果があるようです。

露天風呂もあり、自然が広がる中でなんとも気分の良いものですよ。

日帰り入浴は水曜定休で、11時~18時まで利用可能です。

宿泊についてですが、一泊1万円代からとなり、温泉の入浴時間も日帰り入浴より格段に長くなります。(24時まで入浴でき、翌朝6時~9時も利用できます)

大台ケ原周辺の大きな宿泊施設と言えば、ここホテル杉の湯になりますので、大台ケ原を始め奈良南部を周遊の際は是非ご検討ください!

★大台ケ原駐車場より国道169号線を左折、全約39km!車で約1時間です!

源流の村・山幸彦の村かわかみ。吉野の宿には吉野山や大台ケ原、上北山村、下北山村への観光にも便利なホテル杉の湯をぜひご利用ください。

入之波温泉「山鳩湯」

私が一番おすすめしたいのは、大迫ダム近くの斜面に面した小さな温泉施設、入之波(しおのは)温泉「山鳩湯」です!

「山鳩湯」の画像検索結果

大迫ダムの周りの県道224号線を進んでいると、ぽつんと斜面に建てられた小屋みたいな温泉が見えてきます。

この山鳩湯は入之波温泉と呼ばれる源泉を使っており、他ではあまり見られない炭酸重曹泉の茶褐色のお湯で、源泉が39℃と比較的ぬるいため、源泉かけ流しの温泉が楽しめます!

露天風呂ではダム湖を眺めることができ、その眺望はなかなか見ごたえがあります。

この温泉は飲泉ができ、施設内に飲泉コーナーがあります。

飲んでみると、鉄分を多く含んだ味がして、こんなお湯が地中から湧いているんだと、自然の不思議さとパワーを感じさせられます。

「山鳩湯 料理」の画像検索結果

また、施設内では食事や宿泊もでき、牡丹鍋や鮎料理など、ここでしか味わえない料理に舌鼓を打つことができます。

特に、ここで炊かれたご飯は温泉水で炊かれており若干黄色味がかっていますが、風味が増し美味しいご飯に仕上がっています。

宿泊は一泊1万円台からになりますが、ネットでの予約ができないため電話でのご予約になります。

また、部屋数が少ないためお早目にご予約ください。

★大台ケ原駐車場より約31km!車で約50分!道の駅川上へ向かう道中で224号線に入ります!

※途中、国道169号線から看板に従って県道224号線に入りますが、道幅が狭くなるため運転の際はご注意ください。

割とダムの中のほうへと足を運びますし、本当に斜面にそびえ立っているような小さな建物です。これこそまさに秘湯!とも呼べる私一押しの温泉です!

日帰り入浴は10時~16時の受付と時間は限られていますが、帰り方面が逆の方でも是非一度お立ち寄りいただきたい温泉です!是非とも山鳩湯で秘湯の贅沢を楽しんでみてはいかがでしょうか。

下北山方面(新宮・尾鷲方面)

次は奈良南部へ向かう方面ですが、こちらにも道の駅や温泉があるので帰りに立ち寄る時に最適なスポットを紹介します。

道の駅 吉野路上北山

「道の駅 上北山」の画像検索結果

こちらの道の駅はは施設内にレストランがあり、コーヒーや軽食、名物のいざさ寿司(柿の葉寿司)などを楽しめます。

お帰りが奈良市内・大阪方面ではなくて、川上村まで行くと遠いという方はこちらをご利用ください。

★大台ケ原駐車場より国道169号線を右折、全約33km!車で約50分です!

上北山温泉 薬師湯

「上北山温泉」の画像検索結果

南方面にも温泉があります。

この上北山温泉はナトリウム炭酸水素塩泉で、アルカリ性なのでヌメリを感じるお湯となっておりますので非常に肌に良さそうな印象を与えてくれる温泉です。

日本三大美人で有名な和歌山の龍神温泉と似ているものを感じますね。

館内には温泉施設しかなく、内湯と露天風呂といった至ってシンプルな造りとなっております。

入浴料は500円です。また、この上北山温泉は夜9時まで営業しておりますので、帰りにゆっくりと立ち寄れる温泉となっております。

しかも、先に紹介した道の駅上北山から徒歩2分とほぼ併設されているような造りになっておりますので、道の駅で食事休憩し、その足で温泉まで行くといったようなプランも可能です!

帰りに疲れを癒しひとっぷろ!という感じで、山の中の温泉をゆっくり楽しめる温泉となっておりますので、南向きでお帰りの方は是非お立ち寄りください。

上北山村公式ホームページ

大台ケ原ドライブウェイから直接アクセス可能な唯一の秘湯スポット!小処温泉!

「小処温泉」の画像検索結果

「小処温泉」の画像検索結果

最後に、大台ケ原から国道169号線に出ずにアクセスできる温泉があります。

それが小処温泉です。

この小処温泉は大台ヶ原ドライブウェイの中腹(駐車場から約11km地点)にある分岐道に入り約10km走った場所にあります。(駐車場方面から見ると大きく左折、小さいですが案内の看板が見えます

この温泉は山の中にポツンとたたずんでおり、温泉と知らずにいると山小屋だと認識して通り過ぎてしまうような温泉施設です。

また、道中のアクセスも離合困難な経路が延々と続き、たどり着くにはなかなかハードな道のりを行かなければならない、まさに山の中に隠された秘湯なのです!

温泉のすぐ横には清流が流れており、露天風呂に入りながら清流や山々の自然をいっぱいに浴びるのはひとしおです。

また、2012年にリニューアルしたので、館内は非常に綺麗ですし雰囲気も明るくなっております。入浴料は700円です。

大台ケ原でのハイキングに疲れた体を癒すにはもってこいと言えるでしょう。

ただし、先にも挙げましたが、道中は離合困難な悪路が続きます。

シーズンになると車通りも多くなるため、大台ケ原ドライブウェイからは10kmしかありませんが、たどり着くには1時間以上かかることもしばしば。

本当に秘湯を求めて、極上の自然の中での温泉を味わいたい人にだけおすすめする温泉です。

国道169号線から迂回するルートもありますが、結局は離合困難な道を通るので個人的にはあまりおすすめはしていません

しかし、秘湯にたどり着いたときは本当に嬉しいですし、道中には展望台もあり、山々の景色もまた絶景です。また、大台ケ原と同じく、小処温泉は冬季は営業を休止するので、11月中が最後のチャンスです!お時間と体力の残っている方は是非お立ち寄りください。

まとめ

  1. 北方面にも南方面にも道の駅と温泉施設がある!
  2. 小処温泉は秘湯の極み!ただし道中は悪路に注意!
  3. でもやっぱり私の一押しは入之波温泉 山鳩湯!!

いずれの方面にもスポットは点在しておりますが、私のおすすめはなんといっても茶褐色の温泉が楽しめる山鳩湯です!

南向きでお帰りの方も、山鳩湯は国道169号線を出てから車で15分程度と比較的近いです。

珍しい金泉とダム湖の景色を楽しみながら、珍しい温泉成分の匂いを楽しみながらゆっくりしていただきたいですね!

ただし、閉館時間が早いのでそちらには注意してください。

ここまで大台ケ原の魅力と巡り方、アクセスや混雑情報・注意点、そして周辺スポットまで紹介してまいりました。

大台ケ原は奈良県が世界に誇る(言い過ぎかもしれないけど笑)大自然の中のスポットです。みなさんでこの大自然を味わい尽くして良い思い出を作っていただきたいですね!

大台ケ原まとめ

→大台ヶ原の魅力や回り方!

→冬季通行止め前の大台ケ原の気候や気温、混雑状況やその他注意点!

絶景スポット大台ケ原旅行を余すところなく楽しめるように心から祈っております!!

tripPC
tripPC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする